LINE査定
かんたん画像査定

ラフロイグ買取

(LAPHROAIG)

ラフロイグ

好きになるか、嫌いになるか。一度で覚える強烈なピートの香り際立つ、アイラモルトの王者”ラフロイグ”

概要

ラフロイグ(LAPHROAIG)は、最も強いフレーバーを持つスコッチウイスキーの一つと考えられています。通常、10年まで熟成が進むが、15年ものも珍しくない。しかし、30年もの、40年ものは稀であります。熟成の際にスピリッツが詰められる樽は、バーボンのファーストフィル(熟成したバーボン・ウイスキーを取り出したばかりの樽)のみが使用されます。

一般にウィスキーは加水することによって香りが引き立つ(テイスティングの作法では同量の水を加える)とされていますが、一部の人々は、わずか一滴の水がこのウイスキーのピート香を強めることに気づき楽しんでいます。小さく胴がくびれたポットスチルを使用することでカットが遅くなり、最後の方のカットで絞り込まれるフェノールの値が最大にります。

歴史的なウイスキーのテイストを再現するためにラフロイグは実験を行い、2006年、「ラフロイグ・クォーター・カスク」が発売されました。より小さな樽を用い、冷却濾過を避けることによって、100年前のウイスキーのような味がするとされます。

豆知識

ラフロイグのフェノリックでピーティなニュアンスは、「瓶詰めの煙」、ヨードチンキ、海藻、あるいは、消毒剤(日本ではしばしば正露丸)にすら例えられてきました。しかし、この強烈な風味はバーボン樽が持つ甘さによって和らげられます。アメリカで禁酒法が施行された時代、ラフロイグ蒸留所は「この液体は酒ではなく薬の臭いだ」と主張して、合法的にウイスキーを販売しました。

詳細

分類 スコッチウイスキー
タイプ シングルモルト
主原料 大麦
酵母
原産国 イギリス(スコットランド)
地区 アイラ島

関連商品

【ラフロイグの種類】
ラフロイグ 10年 カスクストレングス
ラフロイグ 15年
ラフロイグ 18年
ラフロイグ 25年
ラフロイグ 25年 カスクストレングス
ラフロイグ 30年
ラフロイグ 40年
ラフロイグ クオーターカスク