LINE査定
かんたん画像査定

グレンギリー買取

(GLEN GARIOCH)

グレンギリー

東ハイランドの古典的美酒“グレンギリー”

概要

グレンギリー(GLEN GARIOCH)は、麦芽の甘みと、花のような芳しさを兼ね備えたハイランドモルトです。グレンギリー蒸留所は、1785年に創業されました。現存するスコットランドの蒸留所の中では最も古いものの一つで、かつてはピートの利いたクラシックな風味がハウススタイルでしたが、今日ではその傾向が薄れ、華やかで洗練されたウイスキーを造っています。ヒースの蜂蜜のようなニュアンスもこのウイスキーの特徴で、長く寝かせたグレンギリーにはレーズンやプルーンのようなフレーバーをもったものも見受けられます。

グレンギリーという名はゲール語で「谷の荒れた土地」という意味です。蒸留所があるのは、東ハイランドのオールドメルドラムという、のどかで小さな村です。一帯は大麦の一大生産地としても知られ、かつては多くの蒸留所が操業していました。現在東ハイランド地区で操業している蒸留所はわずか4つになってしまいましたが、いずれも素晴らしいウイスキーを造り続けています。

グレンギリー蒸留所にはユニークな特徴がいくつかありますが、その一つは北海油田から産出する天然ガスをポットスティルの熱源として利用していることです。天然ガスの利用は、グレンギリーが1983に実用化に成功して以来、他の多くの蒸留所がそれを試みています。また蒸留液の冷却に使用した水の廃液余熱を利用して、トマト等を温室栽培していたこともあります。このアイディアは妙案ではあったのですが、結局採算がとれず現在では廃止されてしまいました。

1994年に日本のサントリーによって買収され、それ以降オフィシャルボトルは意欲的にリリースされています。スタンダードボトルのファウンダーズリザーブや12年、限定ボトルではヴィンテージが表記されたカスクストレングスバージョンが発売されています。

豆知識

グレンギリー蒸溜所創業は公式には1797年、しかし1785年にはすでに蒸溜が行われていた記録が残っています。 ハイランドでは最古の蒸溜所の一つとして数えられる歴史のある蒸溜所です。ただし、その歴史は必ずしも順調であったわけではなく、200年の間に何度もオーナーがかわり操業が止まってしまっていた期間も。 1994年にサントリーが当時のオーナーであったモリソンボウモア社の買収を機に、サントリーが所有する蒸溜所となりました。

詳細

分類 スコッチウイスキー
タイプ シングルモルト
主原料 大麦
酵母
原産国 イギリス(スコットランド)
地区 ハイランド

関連商品

【グレンギリーの種類】
グレンギリー 8年
グレンギリー 12年
グレンギリー 16年 1985
サントリー・シングルモルト・グレンギリー 12年