LINE査定
かんたん画像査定

無何有買取

(むかう)

無何有(むかう)

ゆるやかな時の流れとともに至福の一杯をご堪能できる芋焼酎”無何有”

概要

無何有は、明治5年(1872年)本坊松左衛門が、父郷右衛門の志を継承し創業した本坊酒造の焼酎銘柄です。本坊酒造の精神は「殖産興業による社会奉仕」。年号も明治に変わって間もない混乱の頃、薩摩を代表する特産物である甘藷を使っての焼酎製造に着手。郷土愛に根ざした創業者本坊松左衛門の精神は今も受け継がれています。

無何有は、鹿児島県内産のコガネセンガンと屋久島産のシロユタカを原料に、屋久島の軟水を用いて甕壺で仕込み、蒸留後の原酒を同島の中央部に聳え立つ太忠岳の山麓にあるトンネル内に設置した和甕に貯蔵し、熟成させました。

無何有は、穏やかな芋の香りと深く力強い味わいは「無何有」と称するに相応しい逸品です。

豆知識

東兆は、「東の方から何かが起こる兆しがある」という願いを込めて付けられた名前です。その名前に込めた気持ちが表れている東兆は、原料の良さがそのまま酒質に影響し、豊かな大地の恵みと、妥協を許さない造り手のこだわりを感じることができます。

詳細

分類 焼酎
タイプ 芋焼酎
主原料 サツマイモ
原産国 日本
地区 鹿児島

関連商品

【本坊酒造の焼酎】
無何有
あらわざ桜島
石の蔵から
甕幻