LINE査定
かんたん画像査定

飛露喜買取

(ひろき)

飛露喜(ひろき)

1999年突然現れ、地酒ファンを魅了した”飛露喜”。銘酒『十四代』の本丸とも双璧をなす味わいです。

ご注意!日本酒の買取対象は、製造より6ヶ月以内の品に限ります。(日本酒の古酒を除く)

概要

飛露喜は、「幻の日本酒」とも声高い、福島県の「廣木酒造」から作られた、 非常に人気の高く入手困難でもある日本酒のひとつです。

地元では泉川ブランドで長く親しまれてきましが、1999年、わずか入社3年目の9代目廣木健司氏自身が醸した酒を世に問うべく『飛露喜』を発売しました。其後の勢いはご存じの通り。瞬く間に地酒ファンの間で話題となり、最も注目の蔵元の一つとして現在に至っています。

飛露喜は、ほんわりとした甘み、そして若干の苦味がアクセントに。果実味というよりは米らしい甘み・旨みです。柔らかい味わいの枠組みの中に、ふくらみを持つ甘さや旨みの要素が静かに溶け込んでいます。さりげなくふくよかさを感じさせる含み香が、飛露喜の味わいの豊かさを象徴しています。

豆知識

飛露喜の名前の由来は『喜びの露がほとばしる』からとのこと、名前の通りのダイナミックで思わず頬が緩む、そんな旨酒です。また、一升瓶のラベルの文字は蔵元のお母様、廣木浩江さんによって手書かれたもの。芯のある字の中に温もりが込められています。

詳細

分類 日本酒
タイプ 吟醸酒・純米吟醸
主原料 山田錦
五百万石
原産国 日本
地区 福島

関連商品

■廣木酒造本店のお酒
飛露喜