徳島県 鳴門市のお酒買取り
高価買取します!

徳島県 鳴門市のお酒買取なら『お酒買取専門館 パスワーク』にお任せ下さい!
ワイン、シャンパン、ブランデー、ウイスキーなどの洋酒や古酒をお酒の銘柄・種類に問わず高価買取致します!
宅配買取・出張買取は安心の “お客様ご負担金額0円” まずはお気軽にお問い合わせ下さいませ!

※当店、大阪1店舗のみの営業となります。
※遠方のお客様の出張買取サービスは、商品の内容・商品数によって対応出来かねる場合がございます。
※出張買取サービスの不可は当店の判断となります。予めご了承下さいませ。
※出張買取サービスが出来かねる場合は、宅配買取にてご対応させていただきます。お気軽にご相談くださいませ。

徳島県 鳴門市に関して

鳴門市は、四国の東端、徳島県の北東端に位置し、鳴門海峡の西側に位置する市。旧板野郡。 兵庫県神戸市方面に通じる神戸淡路鳴門自動車道の四国側玄関口である。淡路島との間には市名の由来となった鳴門海峡があり、渦潮が有名である。
※Google ナレッジグラフ、Wikipediaより抜粋

面積:135.5k㎡
人口:5.622万人(2019)
標語:いきいき 未来に輝く 交流拠点都市 なると

徳島県 鳴門市のランドマーク

  • 鳴門の渦潮
  • 大塚国際美術館
  • 渦の道
  • 大鳴門橋
  • 鳴門公園

ご利用ガイド

お酒のご査定から買取方法、成立までの流れを4つ のステップでわかりやすくご説明します。ご利用の 際のガイドラインとしてご利用ください。

ステップ
  1. 査定で買取価格をチェック
  2. 買取方法を選ぶ
  3. 本査定
  4. 成立額を受取る

査定で買取価格をチェック

お客様の都合に合わせて、選べる3つの査定方法をご用意しております。買取専任スタッフが1本1本丁寧にご査定いたします。

LINE査定
写真を撮ってLINEするだけ
オンライン査定
フォームに入力するだけ
電話査定
お電話でその場で査定

買取方法を選ぶ

宅配買取
査定金額ご納得頂けましたら、お申し込み商品が運送中に破損しないように厳重に梱包し、着払いにて当店へお送り下さい。
出張買取
ご依頼頂きましたら、お伺いさせていただく日時を調整させていただきます。

出張買取のご予約状況によって、ご希望の日時にお伺いできない場合がございます。

商品の内容・商品数によって対応出来かねる場合がございます。

店頭買取
当店は、大阪府での営業となっております。ご来店の際は下記をご確認ください。

本査定

宅配買取
お酒が到着致しましたら、本査定を行い金額をお伝え致します。
出張・店頭買取
その場でご査定させていただきます。

本数・商品によってお時間がかかる場合がございます。ご了承下さいませ。

成立額を受取る

宅配買取
本査定金額にご満足いただけましたら、ご指定の口座に即日お振込み致します。

ご満足頂けなかった場合は、送料無料にてご返送致します。

出張・店頭買取
ご査定後、その場で現金でお支払い致します。

初めての方へ査定依頼の前にチェック!

パスワークはお酒買取の専門店だから
フリマサイトより手軽に、高価買取を実現します

業界最高値

独自の販売ルートを持ち、豊富な商品知識をもつ買取専任スタッフにより、出品に手間がかかるフリマサイトやリサイクルショップには出せない業界最高値で買取が可能です。

お客様ご負担¥0

お酒のご査定依頼から、宅配買取の配送料・お振込の際の手数料、出張買取の出張費用も全て“完全無料”で対応いたします。

スピード買取

ご査定依頼から宅配・出張買取の日程対応、お客様のご要望に買取完了まで迅速に対応致します。

お電話でその場で査定!平日 10:00~18:00

0120-930-759

2024.07.01 update

CONTENTS

リーデルとワイングラスの歴史

リーデルとワイングラスの歴史

今回は、第1回ご好評いただいた「バカラグラスの独特な魅力!ワイン愛好家のための選び方」に続き、ワイン好きの誰もがご存じのグラスメーカー「リーデル」に関する特集です! 今回は、なかなか聞くことの出来ない「ワイングラスの歴史」にも触れながら、楽しんでいただきたいと思います。 素晴らしいワインをご存知の皆さまだからこそ、少しマニアックなお話を・・・ぜひ最後まで楽しんでください! リーデルの誕生と世界初のワイングラス 9代目クラウス・ヨーゼフ・リーデルの功績 ブルゴーニュ・グラン・クリュ ソムリエ シリーズ 近年のリーデル ハンドメイドとマシンメイド ハンドメイド マシンメイド マシンメイド(リーデル・ヴェリタス・シリーズ) 次回:ワインとの完璧な組み合わせ リーデルの誕生と世界初のワイングラス リーデル(REDEL)の誕生は、モーツアルトの誕生と同年、1756年に1代目ヨハン・クリストフ・リーデルによって、ボヘミア地方(現在のチェコ共和国)で創立されました。 歴史は進み、5代目のガラス工芸家フランツ・クサファー・アントン・リーデル氏の時代には、ウランを着色剤と使用したウランガラスを製造し、初めて色付きのガラスを製造することに成功。 英国ではこのウランガラスの蝋燭台が作られ女王に献上されるなど、19世紀までにリーデルは、ガラス製品の製造においてヨーロッパ全域で高く評価されていました。 9代目クラウス・ヨーゼフ・リーデルの功績 20世紀に入り、クラウス・ヨーゼフ・リーデルが9代目として会社を継承。 彼は、ブドウ品種ごとに異なる形状のグラスを設計し、グラスの形状・サイズ・リムの直径の理想的な相関関係を割り出しました。芸術家としての豊かな才能と、形状とバランスに対する並外れた感覚を備えていた事で、ワインのためのワイングラスを開発し、そのパイオニア的発明で「現代のワイングラスの父」となりました。 お気づきの通り、この時代まではワイン専用のグラスは存在しませんでした。もちろん、ブドウ品種別のグラスもリーデルが初めて生み出しました。これこそ、ワインのためのワイングラスを製造する唯一のメーカーたる所以です。 「ブルゴーニュ・グラン・クリュ」 ブドウ品種ごとに異なる形状のグラスとして初めて誕生したのが、現在も残るソムリエ シリーズの「ブルゴーニュ・グラン・クリュ」。 その功績は、1950年代から60年代にかけて、数々のデザイン賞を受賞しました。 名前の由来の通り、ブルゴーニュ地方の最高品質のワインを楽しむために設計されたグラスでした。 ソムリエシリーズ 1970年代に入り、クラウス・ヨーゼフ・リーデル(9代目)は、「ブルゴーニュ・グラン・クリュ」をボルドーにあるシャトーに満を辞して持ち込んだところ、「このグラスは、うちのワインには全く合わない。」と一喝。その後、このシャトーと数多くのテイスティングを繰り返し、「ボルドー・グラン・クリュ」が誕生。 このように、農場やブドウ品種、様々なワインに合わせてワインを楽しむことに特化した、世界初、ブドウ品種別形状のグラスシリーズ<ソムリエ シリーズ>として今でも世界中で圧倒的な人気を誇ります。 近年のリーデル リーデル社も10代目に入り、アメリカ市場の重要性にいち早く気づき、大量生産を目的にした初のマシンメイドによるブドウ品種別形状の<ヴィノム シリーズ>の生産をスタート。 これによってリーデルが生んだ機能性ワイングラスの概念がより手ごろなものになり、世界各国で認知されることになります。 また、11代目マキシミリアン・ヨーゼフ・リーデルは2004年に、ブドウ品種別にデザインされたステムレスなワインタンブラー<リーデル・オー シリーズ>を発表し、 これまでの「ワイン=高級な飲み物」というイメージから、「家庭でも気軽にワインを楽しんでもらいたい」という思いで、現代に合わせECサイトを通した直販など、伝統と革新を大切にするブランドとして、その存在を明確にしています。 そして、現在もなおワイナリーとの共同開発がほとんどで、またハンドメイドでつくられる<ソムリエ シリーズ>は、コレクション性もあり人気のグラスです。 ハンドメイドとマシンメイド 現在販売されているリーデルグラスが、ハンドメイドかマシンメイドかを簡単に見分ける方法をご紹介します!リーデルのグラスの台座には、ワインを美味しく楽しむための信頼の証として、リーデルのロゴマークが刻まれています。このロゴによって、見分けることが可能です。 ハンドメイド ハンドメイド製品には筆記体のロゴが刻印されています。 ソムリエ シリーズ リーデル・スーパーレジェーロ シリーズ ファット・ア・マーノ シリーズ ファット・ア・マーノ パフォーマンス シリーズ デカンタ マシンメイド マシンメイド製品にはゴシック体のロゴが刻印されています。 ヴィノム シリーズ リーデル・ヴェローチェ シリーズ リーデル・ワインウイングス シリーズ パフォーマンス シリーズ リーデル・ヴェリタス シリーズ エクストリーム シリーズ ワイン シリーズ オヴァチュア シリーズ リーデル・ワインフレンドリー シリーズ SLリーデル・ステムレスウイングス シリーズ リーデル・オー シリーズ ドリンク・スペシフィック・グラスウェア シリーズ タンブラーコレクション シリーズ マシンメイド(リーデル・ヴェリタス・シリーズ) マシンメイドの中でも、<リーデル・ヴェリタス シリーズ>には、ブドウ品種まで刻印され低価格でありながらも、特別感を演出してくれます。 また、ハンドメイドと見間違えるほど細く、美しいステムが目を引くこのシリーズで、リーデルのベストセラー<ヴィノム シリーズ>より背高・軽量、台座とステムの繋がりの凹凸も少なく、マシンメイドとは思えないほどの非常に繊細な仕上がりとなっています。 次回:ワインとの完璧な組み合わせ ここまでお読みいただいた方は、もうリーデルがワイングラス界では、圧倒的な存在だということは、お分かりいただけたと思います! リーデルは、ワイングラスを製造する上で、工芸品としての美しさ(デザイン性)などだけではなく、ワインを一番美味しく飲むためのグラスを製造するメーカーです。 そして、他社のグラスメーカーとの違いでもあり、独自性でもある「ワインのためのワイングラスを製造する唯一のメーカーがリーデル(RIEDEL)」なんです! いかがだったでしょうか。 パスワークでは、専任のスタッフがお客様の大切なワインを一本一本丁寧に査定・買取りさせていただいております。 その中で得た知識や情報を、皆さまにご共有させていただくことで、今後とも長くお付き合いをさせていただけましたらと考えております。 ぜひお客様の大切なワインのご売却の際は、「パ!っと買取 パスワーク」までお問合せください! 次回は、実際のグラスとワインでのおすすめの組み合わせをご紹介させていただきます。ぜひ、お楽しみに!
「シャンパン」が、ほかのスパークリングワインより特別な理由

「シャンパン」が、ほかのスパークリングワインより特別な理由

食前酒としてはもちろん、シュワシュワと弾ける細かい泡がお祝いのシーンに華を添えてくれるシャンパン。今回はそのルーツをはじめ、ほかのスパークリングワインとの違い、代表的な銘柄をご紹介します。 「シャンパーニュ地方」だけで造られるスパークリングワイン シャンパンの起源 日本に伝わったのはペリー来航時 シャンパンが高価な理由 代表銘柄紹介 ドン・ペリニヨン ペリエジュエ(ベル・エポック) クリュッグ ほかにも高価買取銘柄が多数 「シャンパーニュ地方」だけで造られるスパークリングワイン シャンパンとは、フランスの北東部にある「シャンパーニュ地方」で造られるスパークリングワインのこと。スパークリングワインとは、おもに瓶内二次発酵によって炭酸ガス(泡)を生む製法が特徴的な発泡性ワインです。スパークリングワイン=シャンパン、ではなく、フランスのシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインだけが、シャンパンを名乗る資格を有します。 シャンパンの起源 フランスのシャンパーニュ地方は、ブドウが栽培できる土地としてはほぼ北限にあたる寒い地域。そのため、育つブドウは糖分が少なく、色素も薄いため、白ワインの生産地として歴史を歩んできました。 世界初のシャンパンが誕生したのは1660年頃。シャンパーニュ地方の白ワインのおもな輸出先となっていた、イギリスで生まれたと言われています。2~3月の厳冬のシャンパーニュ地方から、白ワイン樽が船便でロンドンへ送られる際、ワインは言わば冬眠した状態。それがロンドンに着き、春になり暖かくなってくると、酵母が冬眠から目覚めて自然と樽の中で二次発酵が始まり、シュワシュワと泡の出るワインになった、というのがルーツとされています。 日本に伝わったのはペリー来航時 日本人がシャンパンを知るきっかけとなったのは江戸時代。1853年、旗艦サスケハナ号で浦賀港に来航したペリー提督が、浦賀奉行にフランス産のシャンパンを振る舞ったという記録が残っています。明治期にはすでに、鹿鳴館の夜会などで最高級のシャンパンが飲まれていたそうです。 シャンパンが高価な理由 シャンパンは、ほかのスパークリングワインに比べて高値で取引される傾向があります。 その理由はまず、シャンパーニュ地方は寒冷な地域であり、ブドウの生育にコストがかかるため。加えて、シャンパンを名乗るための様々な規約がフランスのワイン法で定められており、それらを全てクリアする必要があるためです。たとえば、高品質に仕上げるためにブドウを優しく搾ることが義務付けられており、ブドウから採れる果汁の総量はどうしても少なくなります。さらに、ほかのスパークリングワインに比べて最低熟成期間が長いので、市場への流通量に限界があるのです。 代表銘柄紹介 ドン・ペリニヨン “シャンパンの元祖”である、ドン・ぺリニヨン。シャンパーニュ地方のオーヴィレール修道院の酒庫係を担当した、ヴェネディクト派の修道士であるドン・ピエール・ぺリニヨン氏によって17世紀に立ち上げられたシャンパーニュ・メゾンです。1680年、ワインのガラス瓶にコルク栓を打ち、瓶内で二次発酵させる方法を開発し、現在に続くシャンパンの原型を完成させました。その後、異なる畑で獲れたブドウや、白黒のブドウをブレンドする「アッサンブラージュ」という技法によって、寒い地域で育ったブドウの酸味を和らげることにも成功しています。 ブレンドするのは、同じ年に採れたブドウのみ。さらに最低熟成年数を8年とする長期熟成によって、複雑かつ均整のとれた味わいを実現。このヴィンテージへのこだわりが、高値で取引される要因のひとつとなっています。 ペリエジュエ(ベル・エポック) 1811年創業の老舗シャンパーニュ・メゾン。従来シャンパンに採用されることの少なかったシャルドネ種をメインに用いた、エレガントなシャンパンが世界中のセレブリティを席巻しました。フランス皇帝ナポレオン三世をはじめ、イギリスのヴィクトリア女王、ベルギー王室など、各国王室からの寵愛も厚いメゾンです。 シャルドネを軸に、ピノ・ノワールなどのブドウ品種をブレンド。白い花や洋ナシを思わせるフレッシュで洗練された印象で、白いアネモネが描かれた瀟洒なボトルが、味わいを見事に体現しています。 クリュッグ 1843年の創業以来6代にわたって、クリュッグ家によってその伝統が守られているメゾン。小規模かつ、一切の妥協を許さない職人気質な生産体制で、世界最高峰に位置づけられるシャンパンを造り続けています。その熱狂的な愛好家は“クリュギスト”と呼ばれ、英国のエリザベス女王や文豪ヘミングウェイ、ココ・シャネルなど数多のセレブリティが、その虜となりました。 「毎年の天候に左右されることなく、最高品質のシャンパンを造り続ける」という初代当主のコンセプトを引き継ぎ、ブドウの収穫年にとらわれずブレンドを行う「マルチ・ヴィンテージ」が大きな特徴。30年以上経過した古樽を使用した長期一次発酵もあいまって、奥行き豊かな味わいと芳香を生み出しています。 他にも高価買取銘柄が多数 今回は、シャンパンはなぜ世界中で重宝されているのか、についてご紹介しました。 ここで取り上げた銘柄以外にも、「サロン」や「アンリ・ジロー」「アルマン・ド・ブリニャック」など、パスワークでは高価買取を行っている銘柄が多数ありますので、まずは気軽にお問合わせください。
バカラグラスの独特な魅力!ワイン愛好家のための選び方

バカラグラスの独特な魅力!ワイン愛好家のための選び方

皆さまこんにちは!パスワークでは、今後買取のみならず、ご利用いただいている皆さまに、もっとお酒を楽しんでいただけるコンテンツをお届けして参ります。少しでも皆様の生活のお役に立てていただけましたら幸いです! 初回の今回は、ワインをはじめお酒を飲む際に必ず必要な道具である「グラス」。その中でも非常に有名で誰もが一度は耳にしたことのあるブランド「 Baccarat (バカラ) 」グラスをご紹介したいと思います! バカラの起源とその製法 ワインとバカラグラスの完璧な組み合わせ シャトー・マルゴー ピノ・ノワール シャンパーニュ 競合ブランドとの比較 バカラの製品種類とその利点 おすすめのワインとバカラグラスのペアリング まとめ:バカラグラスを選ぶ理由 バカラの起源とその製法 バカラは、1764年にフランス王ルイ15世の命により設立されたクリスタルガラス製造所から始まりました。その技術は世界でも類を見ないもので、特に「クリスタルクリア」と称される透明度と輝きは、バカラ製品の象徴とされています。製法は伝統的な手拭きガラス技術に加え、熟練した職人による手作業でのカットが施され、一つ一つの製品に独自の美しさを与えています。 ワインとバカラグラスの完璧な組み合わせ バカラグラスは、ワインの味わいを引き立てるために、その形状・材質が最適化されたグラスです。 例えば、シャトー・マルゴー、ピノ・ノワール、シャンパーニュなど、様々なワインに合わせたグラスの形状があります。 シャトー・マルゴー:「シャトー・バカラ」 フルボディで複雑な味わいとエレガントさを兼ね備えたボルドーのプルミエ・クリュ・クラッセワインです。このような豊かな赤ワインは、ワインの香りと味わいを最大限に引き出すことが重要になります。この「シャトー・バカラ」シリーズは、バカラの中でも特に高級ワインを楽しむために設計されており、ワインの香りをしっかりと捉え、味わいを均等に口の中に広げることができる形状が特徴です。グラスの飲む口が適度に広いことで、空気(酸素)との接触面が増え、ワインの味わい・香りが広がるのを助けてくれます。また、繊細なカットが施されたクリスタルは、テーブル上で美しい輝きを放ち、飲む喜びをさらに高めてくれます。 ピノ・ノワール:「パッション・ワイングラス」 繊細で果実味豊かな赤ワインであり、その繊細な香りを楽しむためには適切なグラスが求められます。 ピノ・ノワールに合うバカラグラスを選ぶ際には、ワインの酸味と、果実のフルーティなフレーバーを最大限に引き出すことができる形状を選ぶことが重要です。 この「パッション・ワイングラス」は、ブルゴーニュ地方ヴージョ村に生まれのジャン・シャルル・ボセワの監修のもと作られたワイングラスです。ピノ・ノワールとシャルドネの発祥の地であり何世紀もの歴史を持つシャトー・デュ・クロ・ヴージョの葡萄畑を眺めながら、幼少期からワインへの情熱を持ち続けてきました。そんな彼が、ピノ・ノワール特有の繊細なアロマと味わいを楽しむためにデザインされています。大ぶりなボウルの形状は、香りをグラスの中で十分にひらかせてくれ、リムが煙突型に立ち上がっていることで、ワインが口の中で均等に広がり、しっかりとした酸味と、果実のフルーティさを感じることができます。さらに、香りにもピノ・ノワールの繊細なフレーバーをより豊かに感じることができます。 シャンパーニュ:「シャンパンフルート」 細長い形状が炭酸を保ちながら、香りを集約させる設計になっています。これは、シャンパーニュの繊細な泡と芳香を長く楽しむことを可能にします。その精緻なデザインと優れた材質は、ワインの風味を引き立てるために緻密に計算されています。これにより、バカラはワイン愛好家にとって必須のアイテムとされており、買取市場でも高い評価を受けています。 このように、様々なシリーズが酒種ごとに設計されております。さらに、その工芸品としても美しいデザインから、多くの愛飲酒家から人気の高いグラスブランドです。 リーデルとヴェネチアングラスの比較 リーデルはワイングラスに特化したオーストリアのブランドで、ワインの種類ごとに最適なグラスを提供することで知られています。一方、ヴェネチアングラスはその装飾的なデザインと色使いで評価されています。バカラはこれらのブランドと異なり、豊かな歴史と最高級の素材使用によるクオリティの高さで差別化を図っています。バカラ以外のグラスに関してもご興味があれば、いずれご紹介する機会が作れればと思います! バカラの製品種類とその利点 バカラは、ワイングラスだけでなく、ウイスキーグラスやデカンタ、花瓶など幅広い製品をラインナップしています。そのすべてが最高品質のクリスタルガラスから作られており、優れた耐久性と美しいデザインが特徴の一つです。バカラのグラスを使うことで、生活の中の「飲む」という体験が特別ものに変わるでしょう。 おすすめのワインとバカラグラスのペアリング バカラグラスのみならず、ワインの種類を考慮することが、ワイングラスを選ぶ際にはとても重要です。赤ワイン用には、ワインの味わいを広げることができるよう、広い口が特徴のグラスが、白ワイン用には、香りを閉じ込める狭い口が特徴のグラスが最適です。中でも、バカラの「マッセナ」シリーズは、ボルドーワインと抜群の相性です! ボルドーワイン:「マッセナ」 豊かなタンニンと複雑なフレーバーを感じ取ることのできる形状が必要になります。ボルドーワインは力強く、濃厚で重厚な赤ワインであり、広い口径と深いボウルが特徴的なグラスを使用することで、ワインが口中で適切に酸素と混ざり合い、その複雑な特徴を十分に発揮できます。また、マッセナシリーズの特徴であるクリスタルガラスの美しさと精巧なカットは、エレガントなテーブルコーディネートを演出します。このグラスを使用することで、ボルドーワインの持つ豊かな果実味、スパイス、そして木のノートなどワインを存分に楽しむことができ、食事とのペアリングをさらに引き立たせてくれます。 まとめ:バカラグラスを選ぶ理由 バカラグラスは、その美しさ・耐久性・独自のデザインで、ワイン愛好家にとって、一度は通る選択肢になっております。リーデルやヴェネチアングラスといった他の高級ブランドと比較しても、バカラはその歴史と技術で一線を画しています。記念日などの特別な日のために、または日常を豊かにするために、バカラグラスは非常に価値のある投資であり、リセールも可能なことから多くのユーザーの所有欲を満たしています。

List of purchased items

  • ワイン

    ワイン

    ラフィット、ラトゥールの五大シャトー、DRC ロマネ・コンティ、オーパス・ワンなど

  • シャンパン

    シャンパン

    ドンペリ、モエ、クリュッグ、ルイ・ロデレール、記念ボトルや希少シャンパンなど

  • ブランデー

    ブランデー

    レミーマルタン・ルイ13世、ヘネシー・リシャールなど、バカラクリスタル空瓶も

  • ウイスキー

    ウイスキー

    年代物のマッカランや高騰中のジャパニーズウィスキーなど

  • 焼酎

    焼酎

    3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾などのプレミアム焼酎や泡波のような幻の泡盛まで

  • 日本酒

    日本酒

    プレミア価格のついた十四代や黒竜、而今など種類銘柄問わず、地域の地酒も

  • スピリッツ

    スピリッツ

    ラム、テキーラ、ジン、ウォッカなど年代・種類・銘柄に問わず、様々なスピリッツを

  • その他のお酒・備品類

    その他のお酒・備品類

    リキュールや年代物の茅台酒や中国酒、グラス類等の什器備品類まで