LINE査定
かんたん画像査定

シャトー・ムートン・ロートシルト買取

(Chateau mouton rothschild)

シャトー・ムートン・ロートシルト

シャトー・ムートン・ロートシルトは、ポイヤックの第1級格付けシャトーで、1973年に唯一、1855年に行われたメッドクの公式格付けを覆して2級から1級に昇格という偉業を成し遂げたワイン!

概要

シャトー・ムートン・ロートシルト(Chateau mouton rothschild)とは、フランスの有名なシャトーです。ボルドーから北西50km、メドックのポイヤックにあります。「ロートシルト」は「ロスチャイルド」のドイツ語読み、フランス語読みは「ロッチルド」と読みます。

シャトー・ムートン・ロートシルトは、世界でもっとも偉大なクラレットの1つに数えられ、もともとはシャトー・ブラン・ムートンという名で知られていましたが、1853年、シャトーを購入したナタニエル・ド・ロッチルドにより、シャトー・ムートン・ロートシルトと改名されました。

収穫と瓶詰めをともに自ら行ったシャトーは、シャトー・ムートン・ロートシルトが初めてです。 当時のシャトー所有者であるフィリップ・ド・ロートシルト男爵が、第1級時のラベルの標語を“第1級たり得ず、第2級を肯(がえ)んぜず、それはムートンなり”としていましたが、第1級昇格時に“今第1級なり、過去第2級なりき、されどムートンは不変なり。”に変更し、ムートンに対する誇りと自信を表しています。

豆知識

1945年の第二次世界大戦の勝利でVマークのエチケットを採用したのをきっかけに、それ以来毎年著名な画家にデザインを依頼しているアートラベルが人気です。日本人では1979年に画家の堂本尚郎がラベルを描いています。

詳細

分類 赤ワイン
タイプ フルボディ
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロー
カベルネ・フラン
プティ・ヴェルド
原産国 フランス
地方 ボルドー
地区 オードメック
ポイヤック

関連商品

【5大シャトー】
シャトー・ラフィット・ロートシルト
シャトー・ラトゥール
シャトー・マルゴー
シャトー・オー・ブリオン
シャトー・ムートン・ロートシルト

【セカンドワイン】
ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト
エール・ダルジャン