LINE査定
かんたん画像査定

シャトー・ラフルール買取

(Chateau Lafleur)

シャトー・ラフルール

ペトリュスと並ぶポムロールの最高峰”シャトー・ラフルール”

概要

シャトー・ラフルールは小さな敷地で、4.5haの一区画から成っています。ほんの少しの生産量のために、これより見つけることが困難な赤はほとんどありません。この小さな敷地は、アンリ・グレウルによってたった1世紀未満前に設立されました。設立者のファミリーであるマリー・ロバンによっていまだに所有されているが、設立者のそうひ孫、ジャック・ギナドーに貸しています。

このシャトーのモットーは、“質は量より貴重である”ということである。このシャトーに貢献する2つの主要な要素は、品種の選択と、粘土と砂利のコンビネーションである土壌の特別な性質である。自身のワインに強いた厳しいコントロールの例は、1987年と1991年に見られ、彼らは全てのラフルールの収穫を格下げし、また1992年に収穫の50%を格付けしませんでした。

豆知識

ギナドー氏はワイン作りの80%はブドウが一旦摘まれると終了すると考えており、結果として各々の葡萄の木を個別に世話しながら畑で多くの時間を費やしています。ブドウは経験をつんだ摘み人によって小さな容器に収穫され、更に6人の別のグループによって分けられます。畑のサイズと、葡萄を摘む人達のチームの経験が、全ての葡萄を2日間で摘むことを可能にしています。ゆえに、概してブドウの質が安定していることを保証しています。全てのブドウ栽培は伝統的で、畑に加えられる唯一のものは自然の肥料だけです。ギノドー氏は新樽の余り熱心な使用者ではなく、木が他者を支配するのではなく、代わりに木とフルーツの間の繊細なバランスを好みます。結果として、新樽の選択と扱いにおいて偉大なケアを行います。

詳細

分類 赤ワイン
タイプ フルボディ
品種 メルロー
カベルネ・フラン
原産国 フランス
地方 ボルドー
地区 ポムロール