LINE査定
かんたん画像査定

ボウモア買取

(BOWMORE)

ボウモア

アイラ島最古の蒸留所の伝統的なモルトづくりからうまれる、気品あるアイラモルトの女王”ボウモア”

概要

ボウモア(BOWMORE)は、アイラ島で1779年に創設されたボウモア蒸溜所が造るウイスキーです。かもめが舞う浜辺に位置し、貯蔵庫は大西洋の波しぶきを浴びています。海抜0メートル以下の貯蔵庫で、海の香りを呼吸しながら熟成されるアイラモル・ボウモアは、「女王」とも呼ばれる気品あふれるフレーバーを放っています。

1779年に地元の商人だったデビッド・シンプソンが創業したアイラ最古の蒸溜所。 島の中心、ボウモアの町の小さな港のそばに建ち、その様子はまるで海に浮かぶ要塞のように見えます。『ボウモア』とはゲール語で『大きな岩礁』という意味。風が強い日には蒸溜所はまともに波しぶきを受け、この影響で蒸溜所内は潮の香りに満ちています。特に『第1貯蔵庫』は海抜ゼロメートルに位置しており、そこで熟成された原酒は磯の香りが漂います。

また、ボウモア蒸溜所はフロアモルティングを行い、伝統的な製法を守り続けています。ボウモアのウイスキーづくりはアイラ島の産業であると同時に、島民の生活の中心として成長してきました。その象徴として、ビジターセンターや売店・宿泊施設も早くから充実させ、町を挙げて観光客を積極的に受け入れようという姿勢や、蒸溜廃液の高熱を利用して温水プールをつくり島民の福祉に貢献していることなど、ホスピタリティにあふれる蒸溜所としても知られています。

豆知識

ボウモアにはいくつかのホテル、レストラン、店舗及び病院、小学校、高校があり、コミュニティ新聞であるThe Ileach(イーラハ)の拠点でもあります。また、ゲール語とアイラ島の文化遺産を振興する目的で、文化センターとカレッジを兼ねる複合文化施設Ionad Chaluim Chille Ile (アイラコルンバセンター)が設立されています。

詳細

分類 スコッチウイスキー
タイプ シングルモルト
主原料 大麦
酵母
原産国 イギリス(スコットランド)
地区 アイラ島

関連商品

【ボウモアの種類】
ボウモア 8年
ボウモア・テンペスト 10年
ボウモア 12年
ボウモア・エニグマ 12年
ボウモア・ダーケスト 15年
ボウモア・マリナー 15年
ボウモア 16年ボウモア 18年
ボウモア 21年 ポートカスク
ボウモア 25年
ボウモア 30年
ボウモア 38年
ボウモア・サーフ
ボウモア・ドーン
ボウモア・ダスク
ボウモア・ヴォヤージ
ボウモア・カスクストレングス
ボウモア・レジェンド
ボウモア・シングルセレクト