LINE査定
かんたん画像査定

ロイヤル・サルート買取

(ROYAL SALUTE)

ロイヤル・サルート

「王礼砲」の名に恥じない気品漂うスコッチ”ロイヤル・サルート”

概要

ロイヤル・サルート(ROYAL SALUTE)21年は、1953年6月、現英国女王エリザベス2世の戴冠式を祝して造られた特別なウイスキーです。“ロイヤル・サルート”とは、英国海軍が王室に敬意を表して撃ち鳴らす皇礼砲のこと。この時、空砲を21回鳴らすことから、シーバスブラザーズ社では、熟成年数“21”にこだわりました。

また、ロイヤル・サルート21年は、そのボトルにも王室の品格を求めました。ボトルは18世紀後半頃に高価で稀少な酒を入れる容器として使用されていた”フラゴン”と呼ばれる陶製容器をモデルに、英国の名門ウェイド社の職人に命じて造らせました。

1953年に限定販売した時はボトル中央に英国王室の紋章をデザインしていましたが、その後現在のデザインとなりました。ボトル中央の騎士は、14世紀のバノックバーンの戦いで、イングランドを破ったスコットランドの英雄ブルース大王を描いています。またボトルの三色は、英国王が戴く王冠を彩るサファイア、ルビー、エメラルドを表現しています。

最低でも21年間、厳選された上質なオーク樽で熟成されたモルトとグレーン原酒のみがブレンドされるロイヤル・サルート。この長い歳月に耐えうる原酒は極めて希少で、熟成期間中は毎年約2%が、「天使の分け前」として天に昇ります。21年もの歳月を考えると、あらためて気づく、その贅沢感。厳選された原酒と長い歳月の淘汰が、このうえなく豪華なスコッチを生み出しているのです。

豆知識

「王礼砲」は王室のメンバーの誕生日や結婚、戴冠式などの特別行事の際に撃ち鳴らす空砲だが、それぞれ何発の空砲を鳴らすかは儀式によって決められています。この時のエリザベス2世の戴冠式ではそれが21発であったため、21年熟成に決めたそうです。熟成の極致とも言える21年熟成とベルベットに包まれた陶製のフラゴン(栓つき細口瓶)は、最高級スコッチとしてウィスキー党の憧れの的となっています。

詳細

分類 スコッチウイスキー
タイプ ブレンデッド
主原料 大麦
酵母
原産国 イギリス(スコットランド)

関連商品

【ロイヤル・サルートの種類】
ロイヤル・サルート 21年
ロイヤル・サルート 38年
ロイヤル・サルート 100カスク・セレクション