LINE査定
かんたん画像査定

ファイティング・コック買取

(Fighting Cock)

ファイティング・コック

時流に反し、昔のままの男性的なヘヴィタイプのバーボン”ファイティング・コック”

概要

ファイティング・コック(Fighting Cock)は、ケンタッキー州バーズタウンの蒸留所で造られており、製造拠点をバーンハイム蒸溜所に移したヘヴン・ヒル社が製造する数多くのブランドの一つで、独自に熟成、製品化しています。

ラベルからも伝わるイメージのまま、キックのある酒質を意識してつくられ、ラベルに「103」(103プルーフ=アルコール度数51.5%)と表記されているように度数も高く、西部のサルーン(酒場)で荒くれどもがストレートでガンガン飲っている姿を彷彿させます。

「ファイティング・コック」とは「闘鶏」を意味し、己の命をかけて戦う「闘鶏」の荒々しさを表すような、辛口でキックのある喉越しとスパイシーな口当たりは、ぜひストレートで飲んでほしい一品です。

豆知識

ファイティング・コックを造り出すヘヴン・ヘル社は、「闘鶏」のような強靭なキックを与えるために原料にライ麦ではなく、小麦を使っていると豪語しています。

詳細

分類 アメリカンウイスキー
タイプ バーボン・ウイスキー
主原料 トウモロコシ
ライ麦
酵母
原産国 アメリカ
地区 ケンタッキー

関連商品

【ファイティング・コックの種類】
ファイティング・コック 6年
ファイティング・コック 15年