LINE査定
かんたん画像査定

晴耕雨読買取

(せいこううどく)

晴耕雨読(せいこううどく)

いつまでも「薩摩の薩摩」を追求した焼酎”晴耕雨読”

概要

晴耕雨読は、明治41年(1908年)に創業した佐多宗二商店の焼酎銘柄です。南薩摩の土壌でしか出来ない芋のうまみと、厳選された上質の天然水。造る人達の「情熱と思い」の三つが重なって晴耕雨讀は誕生したと言われています。

晴耕雨読は、鹿児島県揖宿郡頴娃(えい)町産の黄金千貫を100%使用し、白麹で仕込んだ芋焼酎です。圧蒸留機で素材の旨味を最大限に引き出し、貯蔵は温度変化をさけるために地下タンクに貯蔵しています。また不純物は手作業により丹念に除去し、旨味を無くさず雑味のみ取り除くといった手間尾惜しまない手法で作られています。

若干の米焼酎を隠し味にブレンドすることで芋の風味を押えていますが、芋のボディはしっかりある、その酒質から安定した支持を得ている芋焼酎です。

豆知識

晴耕雨読のラベルは、「人生なかばを過ぎ 戴く仕事の重責 益々重く 一時のゆとりを求めたし 人生最高の楽しみは 贅沢栄達にあらず 煎り豆を齧(かじ)り 歴史の英雄豪傑を罵倒する 酒と楽しむ読書にこそあり」と書いており、虚飾と流行にとらわれない粛々と実力を貯えていく人々に理解されて、永くおつきあいいただきたいと造る人の想いが込められています。

詳細

分類 焼酎
タイプ 芋焼酎
主原料 サツマイモ
原産国 日本
地区 鹿児島

関連商品

【佐多宗二商店の焼酎】
晴耕雨読
角玉
不二才