LINE査定
かんたん画像査定

東兆買取

(あづまのきざし)

東兆(あづまのきざし)

長島の宝物とも言える特産品である米と芋の風味が広がる妥協知らずの焼酎”東兆”

概要

東兆は、明治32年(1899年)創業の大石酒造が造る焼酎銘柄です。

奇しくもこの年は、自家用酒製造禁止法が施行された年でもあります。そして、国は自家用醸造禁止の代わりに共同醸造を認めました。当初は、創業者の大石長次郎を含めた3人で共同醸造を始めましたが、2年後には単独で事業を継続し、現在に至ります。

東兆は、鹿児島県長島町で生産された米(ひのひかり)と、温暖な気候と良質の赤土で作られた芋を使用。仕込み水は、大川地区を流れる尻無川上流久保田に湧く名水「平出石の水(ひででしのみず)」と、白麹を用いて甕で仕込み、さらに一年間甕貯蔵し熟成しています。

東兆は、芋のやわらかな甘みと、熟成による深みのあるコク、まろやかな喉ごし。一切の妥協をなくして造った焼酎です。

豆知識

東兆は、「東の方から何かが起こる兆しがある」という願いを込めて付けられた名前です。その名前に込めた気持ちが表れている東兆は、原料の良さがそのまま酒質に影響し、豊かな大地の恵みと、妥協を許さない造り手のこだわりを感じることができます。

詳細

分類 焼酎
タイプ 芋焼酎
主原料 サツマイモ
原産国 日本
地区 鹿児島

関連商品

【大石酒造の焼酎】
東兆
鶴見
撫磨杜(なまず)
莫祢氏(あくねし)