LINE査定
かんたん画像査定

磯自慢買取

(いそじまん)

磯自慢(いそじまん)

厳選した酒米、南アルプスからの名水、蔵人たちの技のハーモニーが生み出す日本酒”磯自慢”

ご注意!日本酒の買取対象は、製造より6ヶ月以内の品に限ります。(日本酒の古酒を除く)

概要

磯自慢は、天保元年(1830年)創業の漁港としても知られる焼津港にある蔵元磯自慢酒造の日本酒です。機械をいっさい使わず手造りに徹した蔵で、酒名は駿河湾に近いことからつけられたもので、海の男たちを思わせるさっぱりした辛口酒を醸している、どの酒も酸をおさえたきれいなお酒が『磯自慢』の特長です。

以前は静岡県の志太杜氏(横山福司)であったが、1990年から岩手県南部杜氏(瀬川博忠)に変わり、現在は南部の名杜氏多田信男氏が手造りを心がけ腕をふるっている、蔵の内部はオールステンレスで覆われ見事な蔵でもあります。

「全国新酒鑑評会」など伝統的な日本酒コンクールでの金賞受賞はもとより、「インターナショナル・サケ・チャレンジ」といった、新しいスタイルの日本酒コンクールにおいても最高賞を受賞するなど、優秀な受賞実績を誇ります。

また、2010年にはロンドンにて開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」のSAKE部門において、初出品ながら「純米酒の部」「純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部」の2部門でゴールドメダルを受賞しました。

豆知識

2008年7月7日、北海道洞爺湖サミットの初日、福田首相主催の夕食会で静岡県の磯自慢酒造株式会社の「磯自慢 中取り純米大吟醸35」が、乾杯用のお酒として採用され、G8を始めとする各国首相には、輪島塗の酒盃でこの磯自慢が振る舞われたことが有名です。

詳細

分類 日本酒
タイプ 大吟醸・純米吟醸
純米大吟醸
主原料 山田錦
原産国 日本
地区 静岡

関連商品

【磯自慢酒造の日本酒】
磯自慢「純米大吟醸」中取り35 シリーズ
磯自慢「純米大吟醸」ブルーボトル・エメラルドボトル
磯自慢「大吟醸」水響華
磯自慢「純米吟醸」中取り 多田信男