LINE査定
かんたん画像査定

リキュール買取

(Liqueur)

リキュール

カクテルだけでなくお菓子作りや料理にも使われる”リキュール”

概要

リキュールとは、蒸留酒に果実や薬草などのエキスなどを混ぜた混成酒を指します。

おもにカクテルの材料として知られるリキュールですが、もとをたどればそのはじまりは、錬金術師が生命力の回復を求めてつくりだした薬酒。リキュールという名前の語源も、ラテン語で「溶け込ませる」を意味する「リケファセレ」で、錬金術師が薬草や香草の成分を溶け込ませたことに由来しています。

豆知識

日本で一番アルコール度が高い日本酒は、新潟県の多摩川酒造が製造している「越後さむらい」で、そのアルコール度数はウォッカ並みの46度。日本酒と同じ製法で作られていますが、酒税法では日本酒のアルコール度数を22度までと定めているため、リキュールに分類されているそうです。

詳細

分類 リキュール

関連商品

■リキュールの種類
・薬草系(ハーブ系)
・フルーツ系
・ナッツ・ビーン系