LINE査定
かんたん画像査定

ジン買取

(Gin)

ジン

杜松(ねず)の香りのスピリッツ”ジン”

概要

ジンは、穀物と香草を主原料に蒸留して製造される、無色透明のさわやかな香味を持ったお酒です。

ジンの起源は、1660年まで遡ります。オランダのライデン大学医学部教授であったシルビウスは、熱病の特効薬として、当時利尿効果があるといわれていたジュニパー・ベリーをアルコールに浸して蒸留し、利尿剤を作りました。これを「ジュニエーヴル」と名づけ薬局で売り出しました。その効用もさることながら、ジュニパー・ベリーの爽やかな香りと値段の安さから次第に人気を獲得し、オランダ語の「イエネーフェル」と訳されて、オランダを代に要する国民酒として愛飲されるようになったのです。

ジン最大の転機は1689年に訪れます。この年、オランダから迎えられてイギリス国王となったウイリアムⅢ世は、大好きな「イエネーフェル」をイギリスにも普及させようと、外国からの蒸留酒の輸入を禁止し、そして「真の英国民たるものは、こぞってジンを飲もう」とジン奨励策をとりました。イギリスの人々は新しい国王とともにこの新しい酒を歓待し、瞬く間に全土へと広がっていきました。19世紀に入ると連続式蒸留機の急速な進歩にともない、イギリスのジンもまた、これを利用することになります。その結果、純度の高いライトで洗練された酒に生まれ変わりました。

アメリカへ渡った「ロンドン・ドライジン」は、19世紀末からカクテルベースとして一躍脚光を浴びます。20世紀に入ると、とくにマティーニのドライ化において重要な存在となりながら、世界的なスピリッツへと成長します。

豆知識

上記、概要の歩みから、ジンは「オランダで生まれ、イギリスで洗練され、アメリカが栄光を与えた」といわれる由縁となりました。

詳細

分類 ジン

関連商品

■ジンの主要銘柄
・ボンベイサファイア
・タンカレー
・ビーフィーター