LINE査定
かんたん画像査定

ペリエ・ジュエ買取

(PERRIER-JOUET)

ペリエ・ジュエ

美しいアネモネのボトルと、洗練された味わいの、「フルール・ド・シャンパーニュ(シャンパーニュの華)」 “ペリエ・ジュエ”

概要

1811年、シャンパーニュ地方エペルネ市に創設された「ペリエ・ジュエ」。ピエール・ニコラ・マリー・ペリエと、その妻アデル・ジュエによって、丁寧につくられた芸術的なシャンパーニュは、たちまち評判になりました。2代目シャルル・ペリエの時代には、ブリュットやヴィンテージシャンパーニュを発売するなど、他社に先駆けたチャレンジを行い、その人気は不動のものになったのです。

1902年には、 現在はペリエ・ジュエのシンボルとなっている、アネモネの花のボトルが誕生しました。3代目アンリ・ガリスが、アールヌーボーの巨匠エミール・ガレに、ボトルデザインを依頼したものです。そのシャンパーニュは、第一次世界大戦の混乱を受けて封印、戦後の1964年に発見されることとなるのです。そして、新たなヴィンテージ・シャンパーニュ「ベル・エポック」として復活を遂げました。

創設当時からヴィクトリア女王、ナポレオン三世といった各国の王族や、グレース・ケリーをはじめとする世界中のセレブリティたちにも愛されてきたペリエ・ジュエ。その200年の華々しい歴史をいまに受け継ぐのが、7代目セラー・マスターであるエルヴェ・デシャン。ペリエ・ジュエの精神である、「革新をつくり続ける」という伝統を守りながら、世界中から支持を得るシャンパーニュを造っています。

豆知識

ペリエ・ジュエの3代目社長、アンリ・ガリス氏が生きた19世紀前半は、「ベル・エポック(美しき優雅な時代)」と呼ばれ、パリの最も華やかな時代でした。それは同時に、良質な芸術性が求められたアール・ヌーヴォーの時代でもありました。そんな中、ガリス氏は友人であったエミール・ガレにボトルのデザインを依頼したのです。しかし、完成したボトルを見ることなくガレは他界。そして第一次世界大戦の勃発によって、このボトルは忘れ去られていきました。ガレの死から60年後、当時の社長らはセラーの奥に眠る美しいデザインのボトルを発見し、その美しさに感銘を受け、ボトルにふさわしい、最上のシャンパーニュをつくることを決意したのです。

詳細

分類 スパークリングワイン
タイプ 辛口
品種 ピノ・ノワール
シャルドネ
ピノ・ムニエ
原産国 フランス
地方 シャンパーニュ

関連商品

【ペリエ・ジュエの種類】
ペリエ・ジュエ グラン・ブリュット
ペリエ・ジュエ ブラゾン・ロゼ
ペリエ・ジュエ ベル・エポック