LINE査定
かんたん画像査定

メタクサ買取

(METAXA)

メタクサ

ギリシャの蒸留酒メーカーとしては最古の歴史を持つ”メタクサ”

概要

創業は1880年。創始者スピロス・メタクサが、アッティカ地方のブドウ園を買収してワイン生産をスタートしました。ほどなく、アテネ市の西に続く港町ピレウスに蒸留工場を建て、ブランデー生産にも乗り出しました。そして1888年にメタクサ・ブランデーが発売され、ギリシャ王室御用達となりました。2年後の1890年にはロシア皇帝御用達となり、ロシアのオデッサに第2蒸溜所を建設しました。1895年には、トルコのコンスタンティノープルに第3蒸溜所を建設。19世紀末に於ける、東欧圏最大の蒸留業者となりました。しかし、20世紀前半の2度にわたる世界大戦は同社の事業に大きな打撃を与え、第2次世界大戦終了時に同社の手に残ったのは、本拠ピレウスの荒廃した蒸留工場だけだったそうです。だが同工場には40年以上熟成の古酒が残っていたので、それを原酒にして素早く立ち直ることが出来ました。ギリシャの蒸留酒メーカーとしては最古の歴史を持ち、酒の輸出でも、ギリシャNo.1の実績を誇っています。

ギリシャのブランデーの原料としてはペロポネソス半島産などのサヴァティアーノ種の白ぶどうが最適とされています。主として単式蒸留機で蒸留され、樽で熟成、故意黄色みを帯びてから連続式蒸留機でつくられたブランデーとブレンドされます。ギリシャのブランデーは概して厚みのある酒質を誇り、オリーヴ油を多用するギリシャ料理によく合います。

豆知識

メタクサは非常に珍しい作り方でブランデーというより、定義に当てはめてしまうと「リキュール」になってしまう酒なのです。その製造方法とは、まず、ギリシャワインで一般的なサヴァティアノ、サルタナ、ロディティス種のブドウを用いたワインを単式蒸留器で蒸留し、それをリムーザンオーク樽で熟成させ、そこに上記の同じ種類のブドウを用いたワインを連続式蒸留器で蒸留したブランデーと、アレキサンドリアブドウで作ったワインを足して更に最終調整時にメタクサ社内でもほんの僅かの人達しか知らない様々な調味料(バラやコショウ、シナモン、ナツメグ辺りとも言われています)を少量添加して、メタクサブランデーの完成です。

詳細

分類 ブランデー
タイプ ブランデー
原産国 ギリシャ
地方 ピレウス

関連商品

【メタクサの種類】
メタクサ ファイブ・スター
メタクサ グランド・オリンピア
メタクサ グランド・ファイン